HDDとSSD! Windows10の起動時間を比較する動画

パソコン

こんにちは。管理人のバリケンジです。

前回記事「爆速!10年前のASUS製ノートPC K53EにサムスンSSDを換装」の続き。

HDDからSSDへドライブ交換したついでに、Windows10を起動するまでのタイムをそれぞれ計測してみた。

結論からいうと、当たり前だけどSSDがHDDのおよそ4倍の速さで圧勝!

その様子を動画に撮ってみた。

ネットで探せば、HDDとSSDの比較動画なんていっぱいあるんだけど、撮ってみた(笑)

こちらが今回のSSD。
「Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型 5年保証」

こちらがHDD。

Windows10の起動時間を検証

どちらもインターネットは接続せず、タスクトレイやスタートアップは停止してある。

HDDによる起動[動画]

SSDによる起動[動画]

HDDの方は、画面が立ち上がった後もLEDが点灯したままで、まだカリカリと読み込んでいた。

タイムは正確ではないけど、HDD(1分37秒)、SSD(24秒)とまったく別ものだということがわかる。

すごいのひとことでした。

まとめ

SSDももちろんデメリットがあって、高速だからよいというわけでもなく、まだまだ信頼性に欠ける部分もある。

SSDはHDDのようにディスク駆動部分が無いので、衝撃に強いんだけど、故障してしまうとデータが取り出せなくなってしまう。

HDDなら故障前にカラカラと異音がしたりエラーが出たりするので、なんとなく前兆がわかる。

昔、職場のパソコンから「ガラガラガラ・・・」とすごい音がしたので、大慌てでHDDのデータコピーをとった覚えがある。

そんな状態でもHDDならデータは取り出せるけど、SSDは故障の前兆がほとんど無く、突然のお別れとなる。

バックアップをこまめに取るとか、ある程度の年数で交換するとかになる。

OSやアプリはSSDドライブで動かして、データは別HDDに保存するという手もある。

とはいうもののSSDは、Windowsの起動はもちろん、ブラウザやアプリの動作までものすごく速くなる。

あの悪名高きWindows Updateだってめちゃ速い。

10年前のノートPCがまったく別ものになってしまった。当分、買い替えはないかな。

ちょっと複雑… ^^;

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型 5年保証