勧誘だらけの固定電話(NTTフレッツ ひかり電話)を解約して気分スッキリ!

インターネット

こんにちは。バリ島大好きサーファーのバリケンジです。

今回は、自宅の固定電話(NTT西日本 フレッツひかり電話)を解約したお話。

現在、個人事業でネット関連のお仕事をしているけど、日々の連絡手段はスマホやメールになっていて、ほとんど固定電話(ひかり電話)とFAXを使っていない。

しかもナンバーディスプレイをつけていないため、かかってくる電話は光回線やカードの勧誘みたいな迷惑電話ばかりで何の役にも立っていない。

ひかり電話は月額500円とお安いのだけど、要らないもののために毎月支払うのは、精神的にもよろしくないので解約することにした。

さっそくNTT窓口へ電話

まず解約するためにNTT窓口(0120-116116)に電話。
すると、窓口のおねえさまから以下を確認された。

  • 解約の理由
  • 解約日をいつにするか
  • 光回線機器のルータ機能は無効になる

解約理由については、「使わないから」と伝えた。
解約日はこちらから指定できて、きちんと日割り計算もしてくれるらしい。

そして光回線機器は、NTT西日本から貸し出されている黒いホームゲートウェイのことで、うちは PR-400MI が設置されている。

NTT西日本 PR-400MI

新しい機器が送られてきて、てっきり交換するのかと思っていたら、解約日に遠隔操作で電話とルータ機能を無効にするのだそうだ。
(契約内容や貸し出し機器によっては対応が違うみたい)

なぜルータ機能も無効に?と思ったので聞いてみると、ルータ機能はひかり電話に含まれるサービスとのこと。

もし2台以上のパソコンやWifi機器などを使っている場合は、自分で別途ルータを用意するか、引き続きルータ機能だけをレンタルすることになるらしい。

「え、ルータ機能のレンタルまであるんですか?」と聞いたら、電話のおねえさまが「はい、そうなんです笑」と答えてくれた。

ルータ機能のレンタルは月額450円(低価格プランで250円)。そんなの払ってたら何のための解約かわからなくなるし笑、前から欲しいルータもあったので「自分で用意します」と答えた。

解約日はルータの準備時間が必要なので、とりあえずキリがいい月末にしてもらった。

あこがれのYAMAHAルータ「RTX810」をゲット

YAMAHA RTX810

仕事の顧客先でよくルータの設定をすることがあるのだけど、YAMAHAルータは設定がシンプルで、強固なセキュリティが個人的に気に入っていた。

RTX810は、ずいぶん前にすでに廃盤になっているけど、どうしても欲しかったのでヤフオクでゲット。

YAMAHAの中でも一番小さいシリーズで、自宅なのでポート数もそれほど必要ないし、何より勉強のために設定をいじりたいのだ。

良い出品者から程度のいい中古を落札させてもらった。ヤフオクは時々利用させてもらっているけど、いまだに悪い出品者に当たったことがない。
ラッキーなだけなのかな^^

YAMAHA RTX810 背面

起動してるのかわからないぐらい静かで、発熱がほとんどない。

ついでにLANケーブルがカテゴリ5のままだと時代についていけないので、全部6Aに入れ替えた。

うーん気分スッキリ (^^)/
でわ

エレコム LANケーブル CAT6A ツメが折れない

LANケーブルテスター+かしめ圧着+皮むき+プラグ50個 セット