破れたウェットスーツの補修方法

サーフィン

こんにちは。バリ島大好きサーファーのバリケンジです。

今回は、サーフィン用ウェットスーツの補修です。

まだまだ新しいウェットスーツなのですが、太もも部分がサーフボードのデッキパッチに擦れて穴が開きそうになっていたので、生地の張り替えをしたいと思います。

補修に必要な道具

はじめに必要な道具と補修キットをそろえておきます。

ウェットスーツ用ボンドや生地以外は、だいたい家にあるものを使います。

  • ハサミ
  • カッター
  • ウェットスーツ用ボンド
  • ウェットスーツ用生地
  • アイロン
    (以下あると便利なもの)
  • カッター台
  • 竹串やアイスの棒など

破れた部分のまわりをカットする

張り替えたい部分をカットします。

下の生地まで切ってしまわないようにカッター台を入れてます。

カッターナイフだと切り口がガタガタになるので、途中からハサミで切りました笑

ハサミの方がきれいに切れました。

切る形は四角形とかではなく、できるだけ丸いほうが接着部分に耐久性があります。

新しい生地を同じ形にカットする

切り抜いた古い生地を重ねて、新しい生地を同じ形にカットします。

伸縮性があるので、きっちり同じ形じゃなくても大丈夫です。

くり抜いた部分にはめ込んでみて確認します。

ばっちりです(^^)/

ウェットスーツ用ボンドを塗る

ウェットスーツのくり抜いた部分と新しい生地の貼り合わせ面にウェットスーツ用ボンドを塗ります。

なるべく薄く、全体にしっかり塗り込みます。

ウェットスーツ側の接着面にも全体に薄く塗ります。

どちらも塗り終わったら、完全に乾くまで10~15分ぐらい待ちます。(重要)

完全に乾かないうちに貼ってしまうと、すぐにはがれてしまいます。

他のものにくっつかないように乾かしています。

生地を貼り合わせる

ボンドが手にくっ付かないくらい乾いたら、いよいよ生地を貼り合わせます。

ここが一番大事なところで、一度くっ付けると貼り直しのできないワンチャンスです。

生地に段差ができないように確認しながら、指でつまむようにして生地の面と面をしっかり圧着させます。

拡大するとキレイに見えないけど(^^; 生地がしっかりくっ付いていれば十分です。

裏側からも確認。

バッチリです。

メルコシートでアイロン圧着(仕上げ)

最後は補修キットに入っているメルコシートで仕上げます。

メルコシートはジャージや起毛生地などに使います。(スキン面には使えません)

貼り替えた補修部分より大きめにカットします。

上からアイロンで熱圧着するのですが、下敷きに本などの平らなものを入れておくといいでしょう。

アイロンの中温ぐらいの温度で、上からしっかり押さえて10秒ぐらい圧着。

熱いうちははがれやすいので、少し冷ましてからちゃんと貼れてるか確認します。

作業完了。うーんバッチリです (^^)/

でわ

DOPES ウエットスーツリペアキット